あなたが拓く、4つのキャリアパス

MRとして現場を極めることはもちろん、ネクストステップを切り拓くことも可能です

①メディカルマーケター

メディカルマーケター

エムスリーマーケティング独自の試みである”メディカルマーケター”は、「訪問+WEB面談+マーケティング」を駆使した新しい形のMRの働き方です。

②プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー

プロジェクト運営/管理、MRの指導/育成、クライアントとの折衝を行います。クライアントのプロジェクトの成功、M3Mの成長を担います。

③エムスリーマーケティング本社スタッフ

エムスリーマーケティング本社スタッフ

MRやメディカルマーケターを採用するリクルーティング職、社員をサポートする企画職といった様々な職種に挑戦することができ、キャリアの幅を広げることができます。

④エムスリーグループ内での異動

エムスリー本社への異動

本社エムスリーを母体としたグループ会社や本社への勤務も可能です。グループ全体で流動的なキャリア形成を推進しています。

スキルアップできる環境があります

エムスリーマーケティングでMRスキル・ビジネススキルを磨く!

製薬企業、CSO企業において、社員のスキルアップのため各社豊富な教育研修を行っていますが、多くの企業においてその研修の中心は疾患領域に関する教育プログラムです。
当社においても疾患領域に関する教育プログラムは準備していますが、それ以上にMRスキルをあげるためにDr.ロープレやビジネススキル研修に力を注いでいます。

Dr.ロープレとは、プロジェクトを終了し新たなプロジェクトを担当するMRに実施する教育プログラムです。 任意もしくは次携わる予定の領域の現役臨床Dr.数名に対し、Webもしくは対面でディテーリングを実施。自分自身のディテーリングについて、その場で直接Dr.から評価のフィードバックを受けられます。フィードバック内容を踏まえ現場で実践することで新たな症例獲得につながったなど、受講者からの評価も高い教育プログラムとなっています。 こういった臨床Dr.のご協力を仰げるのも、エムスリーグループだからこそ実現できることです。 またビジネススキル研修では、Disc、Spin、質問力・応酬話法、セリングスキル、面談スキルなど、 ビジネスマンとしてのスキルアップが図れるものを中心に、幅広いラインナップを用意しています。 このように、働く社員の質の向上が会社の質に向上につながると考え、当社では社員の能力開発を積極的に行っています。

転職者インタビュー

  • メディカルマーケター / I
  • MRとして“本質的な仕事”が“効率的”にできる。
  • メディカルマーケター / I
M3Mまでのキャリアを教えてください。
新卒でブライダル関連企業に就職し、式場でウェディングプランナーをしておりました。
M3Mに転職した理由を教えてください。
式場という限られた空間で顧客対応をする"待ち"の営業から、自らの足で市場を開拓していく"攻め"の営業にチャレンジしたいと思ったからです。形ある製品の営業をしたいと考え幅広く業界研究している中でMR職を見つけ、医薬品という誇りをもてる製品の営業活動に魅力を感じ、応募しました。M3Mには充実した研修制度が用意されており、未経験から着実にキャリアを築くことができると考え、入社を決めました。
M3MでMRとして働いていたときの業務内容・やりがいを教えてください。
I "目標達成のための活動計画を自ら考えて行動できる点"です。
その結果として、処方提案を医師に採用いただけることや、新製品を基幹病院に採用いただけることにやりがいを感じておりました。また人間関係構築というアナログ面での努力・熱意が成果に結びつく点もこの仕事の面白いところだと思います。
現在の役職・所属に至った経緯や当時の希望・思いなどを教えてください。
プロジェクト終了のタイミングで、MM事業部への異動のチャンスをいただきました。
実は入社後、MRとしてプロジェクトに配属される前に、エムスリー本社にて"m3.com上でのeディテール"関連業務に携わる機会があり、従来のMRより高い効率・効果を発揮できるeディテールには強い興味を持っていました。実際にMR活動をする中で非効率さを感じていたこともあり、MMへの異動にチャレンジしました。
今の業務内容・やりがいについて教えてください。
I MMの仕事は、ITを使いMRの営業要素はそのままに、市場分析や戦略立案といったマーケティング要素が合わさった仕事です。
具体的には、医師のセグメント分類/コンテンツ作成・送付/医師への個別対応(メール・面談)が主となります。やりがいを感じるのは、よりMRとして"本質的な仕事"が"効率的"にできることです。
・"医局待ち" "車の運転"といったムダがなくなるため、従来型MRでは考えられなかった1,000-2,000人の医師をカバーでき、多い日だと8件/日の面談を実施します。
・面談では雑談が減り、薬剤や治療の話がメインになってくるので、より本質的な情報提供ができている実感があります。
今後のキャリアの目標・イメージについて教えてください。
まずはMMとして一人前となることを目指しており、中長期的にはeプロジェクトマネージャーを目標としております。
普段の業務の中で、課題解決力やマーケティングスキルは十分に鍛えられますが、特にMM事業部は戦略コンサル出身などの方も多い環境であり、意欲次第で徹底的に学べる環境だと感じます。
今後M3Mに入社される方へのメッセージ。
I 医療業界/働き方を変えたいという意欲のある方や、課題解決力やマーケティングスキルなどの経験を積み市場価値を高めたい方には最適な環境と思います。
いまMM事業部は拡大フェーズにあるため、事業部の成長を経験できる面白さがあります。またスピード感があり、風通しの良い風土です。ぜひ一緒にM3Mを作っていきましょう。
  • プロジェクトマネージャー / F
  • CSOに所属するMR数は増え続けています。
  • プロジェクトマネージャー / F
M3Mまでのキャリアを教えてください。
製薬メーカー数社でMRを経験してきました。
M3Mに転職した理由を教えてください。
前職の製薬メーカーの将来性に不安を感じ、他メーカーへの転職を模索しました。希望と合致するメーカーが見つからない中で視点を変えた時、CSOであれば希望が叶うチャンスがあるのではないかと考え、M3Mへ入社を決めました。
M3MでMRとして働いていたときの業務内容・やりがいを教えてください。
F 配属先の製薬メーカー様では少人数の領域担当制で、私は1人で県全体を担当しMR活動をしておりました。
大学病院から開業医まで、また取引のある特約店も数十軒あり、いずれも頻回訪問がままならない状況でしたが、県全体をどう活動していくか、県の売り上げをどう上げるかという施策的なものを個人ベースでカスタマイズ出来る楽しさがあり、大変な反面やり甲斐がありました。                                            
現在の役職・所属に至った経緯や当時の希望・思いなどを教えてください。
プロジェクト終了時、今後のキャリアについて悩み、他メーカーへの転職も考えておりました。そんな時、M3Mのプロジェクトマネージャーという新しいキャリアへのチャレンジの機会を頂きました。製薬メーカー数社でMRをしてきた経験とコントラクトMRとしての経験を併せ持つ自分は、よりMRの立場に立った仕事が出来る唯一無二の存在になれると感じ、プロジェクトマネージャーという新しいキャリアにチャレンジしました。
今の業務内容・やりがいについて教えてください。
F クライアント対応を含むプロジェクトの運営管理と、部下であるMRの指導・育成です。
担当プロジェクトで活躍中のM3MのMRの皆さんと定期的に面談等を行い、活動状況の把握とフォローや意見提言等を行ったり、各MRの所属するクライアントの営業所長様とも定期的に面談し、各MRの活動についての情報をシェアしたり、ご意見を賜りながらMRの指導・育成などを行っています。こういった活動状況をクライアント本社との定期ミーティングでシェアしつつ、プロジェクト拡大に向けて更なるMR活用の提案等も行っております。
今後のキャリアの目標・イメージについて教えてください。
クライアントである製薬メーカー様のお役に立てるように質の高い活動をすることは当然ですが、プロジェクトマネージャーとしてより多くのMRのみなさんの質の向上に役立てる立場になりたいと思います。それによりM3Mの信頼度を上げM3Mがより大きな企業へ成長できるよう地道に活動して参ります。コントラクトMRの気持ちが解るプロジェクトマネージャーという意識は、今後も継続して大事にしていきたいと思っています。
今後M3Mに入社される方へのメッセージ。
F 製薬業界全体のMR数が減少傾向の一方、M3MのようなCSOに所属するMR数は増加しており、ニーズはさらに高まっております。今の会社とは異なる領域や製品を担当してみたい方、事情があって一定のエリアの中で働きたいというMRの方などにもチャンスのある企業です。私個人としては、コントラクトMRの経験のあるプロジェクトマネージャーの仲間が、もっと増える事を期待してます。エムスリーグループのCSOで、是非ご自分の描くキャリアを叶えてみませんか。 
  • エムスリーマーケティング本社スタッフ / C
  • 資格を取得し、医療に貢献できる仕事。
  • エムスリーマーケティング本社スタッフ / C
M3Mまでのキャリアを教えてください。
大学卒業後、インポートブランドの卸商社に入社。その後M3Mに入社し、MRとして内資系製薬メーカーに配属となりました。
プロジェクト終了後にメーカーへ転籍しましたが、結婚を機に退職したのち、M3Mに営業担当として再入社いたしました。
M3Mに転職した理由を教えてください。
アパレル業界でインポートブランドを扱う仕事は魅力に思っていましたが、東日本大震災を目の当たりにして、これからは苦しむ人の役に立つことを仕事にしたいという思いが強くなり、転職を決意しました。そして、医療に貢献できる資格職としてMR職を知り、M3Mと巡り合いました。M3Mの面接は終始和やかで、笑顔で終えられたことが強く印象に残り、この方たちと働けるのであれば安心してMRにチャレンジできると確信できたことが入社を決めた理由です。
M3MでMRとして働いていたときの業務内容・やりがいを教えてください。
C 私が紹介した製品で患者様の状態が良くなったというお話を医師・医療従事者の方からお聞きした時が、MRをしていて最高に嬉しく、やりがいを感じた瞬間でした。
また、より大規模な施設、より広いエリアと徐々に大きな責任の伴う業務を任せていただけこと、転籍のオファーをいただけるまでに製薬メーカー様から評価をいただけたことも大きな達成感につながりました。製薬メーカー様への貢献もミッションのひとつですので、上長様やチームメンバーの方々の信頼を勝ち取り、成果を残すことを目標として業務にあたってきたことが報われたと感じました。
現在の役職・所属に至った経緯や当時の希望・思いなどを教えてください。
前職のメーカーを退職後、家庭の都合を考慮すると、全国転勤のMR職に復職することは難しいと感じていました。MR時代にお世話になったプロジェクトマネージャーにご相談した際、営業を考えるのであればCSO営業担当という選択もあるとご紹介いただき、チャンスを得ることができました。面接では個人的な事情や希望を、社長に直にじっくり伝える機会があり、ひとりひとりの働き方を重視する社風を感じました。
今の業務内容・やりがいについて教えてください。
C 製薬メーカー様へのCSOサービスのご提案が主な業務です。人事部や人材マネジメントを行う部署へ訪問し、コントラクトMRの配属案件の獲得を目指します。
私にとっての営業担当の魅力は製薬メーカー様へM3Mの優秀なMRを派遣することで医療貢献ができる事、そして、かつて私がM3Mにチャンスをいただいたように、今度は私がMRの方に活躍していただける場を創出できる事だと考えています。
今後のキャリアの目標・イメージについて教えてください。
私は結婚したことで一度MRを続けることを断念しましたが、M3Mではすでに女性の先輩が活躍しており、ライフイベントで働き方が変わることになっても、その人らしく働けるよう様々なキャリアが用意されています。
今後の目標としては、女性として自分らしく働きながら、コントラクトMR・メーカーMRを経験した私にだからこそできる提案を実現化していくことです。
今後M3Mに入社される方へのメッセージ。
C M3MではMRとして様々な領域のプロジェクトを経験してキャリアアップを図れることも当然ですが、それだけではなく、プロジェクトマネージャー、メディカルマーケター、本社スタッフ、そしてエムスリーグループとして新たな挑戦も可能ですので、キャリアの幅はどんどん広がっています。
MRだけでない将来のキャリアを描いてらっしゃる方は、是非M3Mで実現してください!
採用に関してご不明点がございましたら、お問い合わせください。
03-6895-0371